デジタル通貨に関する論説が日本銀行金融研究所から公開されました.

デジタル通貨が広く普及するためには,利用者の自由を保証する匿名性と,社会ルールの遵守を証明する透明性の両立が不可欠です.論説では,暗号学的な匿名性を保ちつつ,さまざまな匿名性開示ルールを実行証跡付きセキュアプロセッサを活用して実現する方式について考察しています.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください