人工知能学会 合同研究会 2022での発表

2022年11月22日と23日に慶應義塾大学 矢上キャンパス とオンラインでハイブリッド開催された人工知能学会 合同研究第1回 安全性とセキュリティ研究会が開催され,M2 前嶋 啓彰氏が“Theoretical security and enhancement of robustness against adversarial examples: implications from Gaussian Processes,” M1 染谷 実奈美氏が“Function Call GraphとGraph Attention Networkに基づくマルウェア分類手法,” M2 佐竹 達也氏が”敵対的生成ネットワークと深層強化学習を用いた自律型WAF回避コマンド生成システムの提案”の3件の研究成果を発表しました.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください